借りる前に確認をしましょう|賃貸法人契約とは

法人事務所の移転

オフィス

オフィス移転に伴う引っ越し業者選びは大切です。注意点は情報漏洩を防止する優秀なスタッフがいて移転に伴う様々な業務を一括して請け負ってくれる業者かどうかです。複数の業者から移転業務の見積りを取って検討することも大切です。

View Detail

関西で安く事務所を借りる

男女

大阪のような大都市で事務所を用意するなら、バーチャルオフィスで用意することも考えておくべきでしょう。これなら賃料も安くすむ上、企業に必要な各種サポートも受けられます。ただしバーチャルオフィスでは各種保険や法人用の銀行口座など、必要な物が用意できない可能性もあるので気をつけましょう。

View Detail

目的と規模に合わせて選ぶ

会議室

東京都内には交通に便利なエリアは数多くありますが、浜松町はその中でも多くの交通機関が乗り入れしている便利な場所となっています。浜松町には目的や規模に応じて数多くの貸し会議室のサービスが提供されているので、必要に応じて利用するようにしましょう。浜松町の数多くのメリットを存分に生かしましょう。

View Detail

従業員に社宅を提供する

PCを操作する人

節税効果にも期待

賃貸法人契約とは、社員が居住するためのアパートやマンションを、会社が借り上げることを言います。いわゆる社宅の形になり、社員は無料もしくは通常より安い家賃で入居することができます。また会社側は家賃や保険料を経費にできるため、社員の福祉向上とともに節税効果を期待できます。近年では個人事業主が法人化するとき、賃貸法人契約を結ぶケースも増えています。個人で賃貸契約をするときには、身分証明書や住民票が必要です。それと同様に賃貸法人契約をする場合には、会社の登記簿謄本と印鑑証明書が必要になることがあります。これらは法務局から取り寄せます。また連帯保証人は原則として入居者本人か、会社の代表取締役を指定します。

家主との交渉が必要

賃貸法人契約と個人契約のどちらを好むかは、家主の考え方によって異なり、個人契約ならOKだが法人契約はお断りという家主もいるので注意が必要です。法人といっても実体のない会社や、経営の不安定な会社もあり、そうしたことに不安を覚える家主もいます。場合によっては決算書類の提出を求められることもあるので、用意しておく必要があります。もちろん業務内容がしっかりした会社なら、個人契約より喜ばれるのが普通です。またSOHOなどで開業するケースでは、住居として使用するなら問題はありませんが、看板を出したり頻繁に来客があったりするのは困るという家主もいます。賃貸法人契約を成立させるには、正直に誠実に交渉することが大切です。